【パチスロ】勝つ為には期待値って必要?

パチスロで勝つ為には必要な知識、期待値をご存知でしょうか?

私は恥ずかしながら全くと言って良いほど知りませんでした💦

勝つためには避けては通れない道、期待値稼働

ここではわかりやすく期待値について解説していきたいと思います

この記事を読むとこんな事がわかります

⚫︎負ける仕組みがわかるようになる
⚫︎期待値について理解できる

まずは期待値の前に機械割の説明をしようと思います

機械割とは?

養分脱出のために必要なたった3つの事の記事では何故負けてしまうのか?

勝つためにはどうしたら良いのかを大まかに説明しましたが、ここではもう少し詳しく解説していこうと思います

まだ読んでない方は是非先に読んで見てください

パチスロには設定ごとに機械割と言うのがあります

設定は大体1〜6段階まであります
(機種によっては4段回設定、3段回設定なども有ります)

設定1を打てば負けて、設定6を打てば勝てると言う認識は恐らくあると思います

設定によって機械割が大きく変わってきます

機械割が一番低いのが設定1で、逆に機械割が一番高いのが設定6となります

では何故設定1が負けやすく、設定6が勝ちやすいのか説明します

期待値について

ここではわかりやすくノーマルタイプのマイジャグラー4で説明したいと思います

設定 ボーナス合算 機械割
1/172.5 95.7%
1/159.1 97.9%
1/151.7 99.9%
1/138.9 102.8%
1/132.1 105.3%
1/120.5 109.4%


設定1の機械割に注目してみてください

設定1の機械割は95.7%です(ここからは95%でいきます)

例えば設定1のジャグラーを3000G回したとします

1G回すのに使用するコインは3枚なので

3枚✖️3000G=9000枚 の式になります

9000枚がIN枚数です、では帰ってくる枚数(OUT枚数)は何枚なのでしょうか?

IN枚数とは台に入れたコインの枚数
OUT枚数とは台から払い出された枚数

これが設定による機械割で大きく変わってきます

設定1の機械割が95%なので 9000枚(IN枚数)✖️0.95%=8550枚(OUT枚数)になります

9000枚(IN枚数)➖8550枚(OUT枚数)=450枚のマイナスになります

これはG数を回せば回すほどマイナスになってしまいます

機械割が100%を超えていれば期待値がプラスになり100%を下回っていれば期待値はマイナスになります

よって設定1を3000G回した時に発生する期待値はマイナス450枚となります

偶然BIGを連続で引けたらプラスになることもありますが、それは偶々勝てただけであって期待値はマイナスなので設定1を打ち続けていたらいずれ必ず負ける事になります

これが基本的な勝てない理由です

逆にこれが設定6だとすると 9000枚(IN枚数)✖️1.09=9810枚(OUT枚数)810枚のプラスの期待値があるワケです

専業の方だと一日で9000Gは回すと思うので 3枚✖️9000G=27000枚IN枚数)
27000枚(IN枚数)✖️1.09(機械割)=29430枚(OUT枚数)
29430枚➖27000枚2430枚の期待値となります

回せば回すほど機械割が100%を超えていると期待値を稼ぐ事ができます

これがパチスロで勝てる仕組みです

まとめ

低設定を回せば回すほどマイナスになり、高設定を回せば回すほどプラスになって行く事がわかりました

これが期待値稼働の積み重ねによる勝ち方です

そりゃあ専業の方は高設定を確信したらご飯抜きで回すはずですね😅

これから登場する機種は最高でも機械割が115%と昔に比べると低くなりました💦

バジリスク絆などは119%ありましたよねw

じゃあこれからは勝ちにくい時代なのかと言うとそうではないと思っています

今も昔もやることは同じで期待値稼働をすればトータルで負ける事はないからです

しかし現状ホールでは特定日などではない限り殆どの設定は低設定だと思って良いでしょう

自称プロ
自称プロ

じゃあ勝てねーじゃねーか!

そうなんですよね、だから平日仕事終わりに好きな機種を打っていればマイナス収支になってしまうワケです…トホホ

じゃあどうすれば良いのか?

そこでパチスロには天井と言う機能が搭載されている機種もあります
(最近ではパチンコにも天井機能付きの台が続々導入されています)

この【すろ天】でも紹介している期待値がプラスの天井を狙い打って期待値を稼ぎ、勝っていく方法が一番手っ取り早く勝てる立ち回りだと思っています

パチスロ天井一覧はこちらから↓

コメント

  1. […] 期待値についてこちらの記事でわかりやすく解説をしています […]

  2. […] […]

タイトルとURLをコピーしました